盗聴器を使って浮気を調べるのは犯罪?

新潟の探偵の選び方、料金を安く依頼する方法

盗聴器を利用して浮気を調べても犯罪にならない?

盗聴器を購入・販売したり、所持するといった行為は犯罪ではありません。
しかし、盗聴器を持っているだけで犯罪になることはありませんが、盗聴器を使うことで法律を犯す可能性はあります。

 

浮気調査のため、盗聴器を使ってパートナーと浮気相手の情事の現場を録音するという人がいますが、この場合でも盗聴器を使ったことで犯罪を犯してしまうことがあります。

盗聴器を使った違法行為とは

盗聴器を使って浮気を調べるには、どこかに盗聴器を仕掛ける必要があります。

 

浮気を調べるため盗聴器を仕掛ける場所には、自宅の居室や車の座席に盗聴器を仕掛けることが考えられます。

 

自宅の居室や車の座席に盗聴器を仕掛けたとしたら、住居侵入罪や器物損壊罪に問われる可能性があります。

 

盗聴器を使うことが違法なのではなく、盗聴器を使うために取る行為が違法となります。

 

また、盗聴器が強力な電波を発信するタイプの物やあらかじめ定められて周波数を勝手に使っている物だった場合、電気通信事業法に違反します。

 

他にも、盗聴器を使うと刑法や条例に違反する可能性があります。

 

このように、盗聴器を使うと何らかの犯罪を犯してしまう可能性が高く、浮気の証拠を手に入れるためという理由があろうと、盗聴器を仕掛けることで犯した罪が見逃されるわけではありません。

探偵が盗聴器を仕掛けたら犯罪にならない?

探偵は調査を行うことを「探偵業法」で認められています。探偵が調査活動を行うのは「合法」というわけです。

 

そのため、浮気調査の依頼を受けた探偵が盗聴器を仕掛けるのは違法にならない。と思ったかもしれませんが、探偵が浮気調査として盗聴器を仕掛けたとしても、その行為は違法となります。

 

探偵は法律によって調査活動が認められていると同時に、他の法令や条例に違反してまで、調査活動を行うことが認められていません。

 

探偵だから、浮気調査の一貫だからといって、他人の家や敷地内へ勝手に侵入したり、他人の持ち物を勝手に改造(破損)したりも出来ません。

 

もしも、これらの方法を使って浮気の証拠を手に入れたのだとすれば、調査対象者から探偵や依頼人が訴えられてしまいます。

 

また、浮気の証拠を違法な手段を使い手に入れたことが露見した場合、証拠としての能力を失うため、離婚裁判や浮気相手との交渉で不利になります。

 

参考:浮気調査で盗聴器を仕掛けるのは犯罪になりますか?

浮気の証拠集めで盗聴器を使うのはリスクでしかない

ここまでで、盗聴器を使い浮気の証拠を集める行為が犯罪となる可能性が高いことはご理解いただけたと思います。

 

しかし、浮気調査の現場では、なかなか浮気の証拠が集まらなかったり、手軽に調査をやろうとして盗聴器を使ってしまう人や業者がいると聞きます。

 

先程もご説明しましたが、浮気調査で盗聴器を使うのはリスクしかありません。

 

盗聴器に頼った証拠集めや、安易な調査を行う業者には、間違っても調査を依頼しないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ