探偵は調査力の高い会社に依頼するのが良い。

新潟の探偵の選び方、料金を安く依頼する方法

浮気調査を依頼する探偵業者を選ぶなら調査力の高さが重要

探偵業者に依頼する際、最も重要なのが調査力があるかどうかです。調査力があるのとないのとでは調査結果に大きな違いが生まれるのです。料金は安いけど調査力は低い業者を選ぶくらいなら、料金が多少かかっても調査力の高い業者に依頼したほうが確実にお得です。

 

探偵業者を選ぶとき、料金が安いというのは必ずしも依頼者のメリットになるわけではないのです。もちろん低価格なのに満足の行く調査結果を報告してくれる業者もあります。要は見極めが大事だということです。
とはいえ調査力が高いかどうかなんてそう簡単に分かるものではありません。実際問題頼んでみなければなんともいえないのが現状です。
参照:浮気調査は調査力が必要

 

ですがいくつかのポイントはあります。例えば調査に裂ける人数はどれくらいなのかということです。調査は基本的には一人で行うものではありません。確実な証拠を得るためにはやはり複数人での作業が必要なのです。調査員の数が多ければ多いほど、依頼に対応できる人数も多くなるというわけです。なので調査員の数が多い業者を選ぶのが良いでしょう。比較的大規模な探偵業者であれば、全国に支部を持っているため、スキルが高い人員が多いです。

 

またネットの口コミを見て、満足度がどれくらいかを確認するのも良い手です。満足度が高いということはそれだけ依頼を成功させてきたということなので調査力の高さは折り紙つきというわけです。

「結果」を見て探偵事務所を選ぶ

調査を依頼する前から、結果を見ることなんで出来ないと思うかもしれませんが、探偵の調査報告書のサンプルを見れば、その探偵業者に調査力があるのかどうかを確かめることができます。

 

探偵の調査報告書は調査を依頼した人が受け取る、調査の結果です。浮気調査なら、浮気の証拠写真から時系列ごとのターゲットの行動が記されています。

 

浮気調査を依頼する人のなかには、「浮気をしているかどうかの結果」を重視する人がいて、調査報告書はその結果を知るための物であって、そこまで重要でないと思っている人もいるようですが、実際には、この調査報告書こそ重要なのです。

 

調査報告書は離婚する場合に、調査報告書を裁判所に提出する、慰謝料請求をするとき、浮気をしたパートナーとその浮気相手に明確な証拠として見せるために、この調査報告書の出来が重要になります。

 

裁判所に提出する証拠は、提出する書式に則って作成されていないといけません。そのため、探偵事務所が作成する調査報告書が、裁判所が認める書式でなかった場合、浮気の証拠として調査報告書が認められないケースもありえます。

 

浮気調査を依頼したあと、浮気をしていたかどうかを確認できるのはもちろん、調査報告書がきちんとした書式で作成されているか、サンプルなどをみて確認するべきです。

 

報告書から交渉の準備を始めよう

浮気調査の報告書と一緒に、今後の流れについてを、浮気調査を依頼する前に予想しておくことも大事です。

 

浮気調査が終わった後の交渉と裁判の手順を確認しておくことは大切です。

 

交渉は、浮気調査のように業者任せとはいきません。交渉に弁護士を同伴するという人もいますが、弁護士の費用などの理由から、一人で交渉を進めたいという人もなかにはいます。

 

こうした事もふまえて浮気調査の準備をおこなってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ